伊万里市 スポーツ外傷・交通事故治療・テーピング・マッサージのしげ井接骨院

しげ井接骨院

夜8時まで受付診療しています TEL:0955-29-8117

TEL

診療案内

スポーツ外傷治療

スポーツとケガは隣り合わせです。

きちんと準備をしていてもケガをしてしまうことは少なくありません。

そんなとき少しでも早く良くなることができればと思いませんか?

そこでキチンとした治療が必要となるのです。

まず基本はスポーツによる怪我は、スポーツ外傷(突発的な外力によるもの)とスポーツ障害(繰り返しの練習によるもの)の二つに分けられます。

スポーツ外傷の場合

患部の炎症を抑えて痛みを和らげる必要がありますので、運動することを制限する必要性があります。

スポーツ障害の場合

スポーツ外傷治療

スポーツ障害の場合

個々の体の使い方の癖やトレーニング内容の問題点。
また、その患部の痛みと連動している部位の問題など、患者様と対話をしながら問題点を一つ一つ対応していかなければなりません。

スポーツによって起きるケガにおいて、運動を完全に中止することでいち早く復帰に導くことがベストでしょう。しかしそうすることができない場合、当院ではできる限り患者様のおかれる状況を理解し練習やトレーニングにアドバイスをさせていただきながら損傷部位の回復に努めております。

その際に選手の希望を聞きながら治療方法を検討し、パフォーマンス向上のサポートをさせていただきます。

スポーツ外傷における治療方法

AKA療法

AKA療法

関節運動学的アプローチ、AKA(Arthrokinematic Approach)とは関節運動学に基づき、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法です。
簡単に言えば、関節の動きを正常に戻す療法です。捻りや押し込み等の強い力では行わず、腰や背中を触っていると言う感じの療法です。しかし効果は絶大!

(ぎっくり腰・オスグット病・ジャンパーズニー・坐骨神経痛等)

テーピング療法

テーピング療法

関節の過度の使い過ぎや急な外力によって痛めた場合には、その患部を保護する必要がありますので、本来であれば包帯や固定具を使って安静を促すのですが、練習や試合に出なければならないといった強い要望があればテーピングによって患部の動きをなるべく妨げずに、なおかつ安定した動きができるようにします。
(基本的には痛みがあるのなら休んでいただいた方がいいのですが・・・。)

ホワイトテーピング

ホワイトテーピング

療、捻挫の予防などの為

外傷の治に患部を非伸縮性のホワイトテープにて固定します。
患者様の競技内容やポジションによって貼り方は若干の違いがありますので、貼っては動くという繰り返しをしながら最適な状態を作ります。
ときによっては伸縮テープと組み合わせて貼ることもあります。
(急性期の外傷・足関節捻挫・足趾手指の突き指・野球肘・手関節捻挫・肉離れ等)

キネシオテーピング

キネシオテーピング

キネシオテープを貼ることで、皮膚がテープにより波状に持ち上がり体内に隙間ができます。
それによりリンパ液や血液の流れが良くなります。それにより新陳代謝が改善されて自然治癒力が高まります。キネシオテープは、貼るだけで筋肉の凝りや痛みが和らぎ術後や怪我の内出血を早く治すことができます。
それだけでなくホワイトテープに比べて関節の可動域制限が少ないのに、ある一定の角度に調節して貼ることで競技の妨げにならずに動きやすいのも特徴と言えるでしょう。
(野球肘と肩・アキレス腱炎・寝違い・ぎっくり腰・肉離れ・テニスエルボー等)

その他

必要に応じてサポーターを提案させていただきます。症状に応じたサポーターをしなければ効果が無いばかりか逆に痛くなることもあるのです。患部と痛みに合ったサポーター選びをお手伝いさせていただきます。

Copyright © しげ井接骨院 All Rights Reserved.